薬剤師は医療の分野で非常に需要が求められています

病院や薬局以外にも、製薬会社や化粧品会社などでも働き口が豊富に合ったり、地域のドラッグストアにおいても必要不可欠な存在といえば薬剤師です。
薬剤師は企業で働く人も居ますが、大きく分けると調剤薬局とドラッグストアと病院で働くパターンに大きく分けられると思います。
調剤薬局であれば、病院で働く薬剤師さんと比べるとやや休みが取りやすかったり、それほど激務にならず働ける魅力があります。
ただ、調剤薬局は限られた人としか一緒に仕事出来ないので、どうしても病院や大きなドラッグストアと比べて見ると人間関係が濃密になりやすいデメリットがあったり、ドラッグストアのように調剤や服薬指導や薬液の管理といったこと以外に、品出しを行ったり、幅広いいろいろな商品と触れ合ったり、レジを担当したりすることはあまりないと言えます。
薬剤師としての仕事に専念をしたい人や、調剤のスキルを高めたい人や、患者さんと密接に関わりたい人にとっては、調剤薬局のお仕事は本当に魅力的です。
最近はドラッグストアが増えてきており、ドラッグストアで働く薬剤師さんも多いですが、ドラッグストアはパートとして短時間勤務を行い易い利点があったり、福利厚生が充実していたり、休暇を柔軟に取れるメリットもあります。
仕事内容は薬の調合以外にも多岐にわたり、お客さんから相談されて薬を選んであげたり、お客さんの体調の悩みやトラブル改善のために親身に寄り添ったりすることも必要ですが、幅広い仕事内容で調剤薬局とは少し違ったやりがいや面白さを感じることが出来ます。