薬を受け取るときにする薬剤師との会話について

処方箋をもらって薬剤師から薬を受け取るときに、いろいろと質問をされることがあります。それは体調や症状に関することなので、質問された側としては「それはもう病院で先生に伝えたのに」と、二度繰り返して同じことを言う不条理さを覚えることもあります。誰かと話すことが好きでそれでも良いというのなら構わないのかもしれませんが、かなり体調が悪かったり不必要に人と話すのは苦手だという人にとっては、薬剤師からの質問がかなりつらく感じます。ですが、この薬剤師からの質問にはきちんとした意味があります。それは、症状に合った薬がきちんと処方されているのかどうか確認すること、そして薬を服用するときの詳細な説明です。

薬についてはやはり薬剤師が一番の専門家であるため、処方に間違いがないかどうか念のためその質問で確認をしています。また、薬同士の組み合わせについてもそこでチェックし、何かおかしいところがあれば病院の先生に連絡をして問い合わせたりするのです。また、それはジェネリックを希望するかどうかについてもそうで、どんな薬を出すかについては薬剤師が最終チェックをしているのです。

そして、そのために必要な情報を聞き出すため、薬剤師は患者に対していろいろと体調や症状について質問をしているのです。それはただ単に薬を用意するまでの間をつなぐためだけではなく薬に関してのきちんとした理由があってのことなので、患者は薬剤師の質問に対してきちんと応じる必要があるのです。