薬剤師として薬局で働くときに面接で見極めるべきこと

薬剤師として薬局で勤務をするときには、そこがきちんとしたところか?どうかを見極める必要があります。
きちんとしていない薬局もありますから、そういったところに勤めてしまうと、本当に精神的にも肉体的にも疲れます。
しかも、辞めたくても辞められない状態にもなることがあるので、注意をしてほしいです。
実際、ブラック企業みたいな薬局も存在していて、離職率が高いケースもあるので、そうじゃないか?を見極めないといけないのです。
そのときの1つのポイントは、早く決めてくれないか?みたいな感じを出している薬局です。
求職中に薬局の面接を受けるようなこともあると思いますけど、そういったときに離職率が高い薬局はすぐにでも人が欲しいです。
だから、せっかく受けに来てくれた人を離すまいと他を受けられる前に、早くにうちで働いてほしいということを直接言うか?分かりませんが、そういう態度を見せることがあるのです。
面接ではじっくり見るというよりは、あなたで良いから早くしてほしいみたいな感じのところは危ないということになります。
そういった意味では、薬局で勤務を希望する場合には、複数受けてある程度比較できた方が良いかもしれません。
面接をしたときの対応の仕方で、ある程度は大丈夫そうなところか?は分かるのではないでしょうか?
特に離職率が高そうか?すぐに人を欲しがっている感じがしていないか?というのは、見極めて勤務する薬局を決めていきましょう。